読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私事ですが。

コウノトリさん、こっちです! 

15w0d 「足し算」のごはん

GW中、旦那様と、旦那様おすすめのカフェバーに行ってきました。

 

うちからは少し離れたところにある、小さなカフェバー。

こじんまりとしていて、それでいてまったりとした雰囲気。

店内では、マスター曰く「真面目に観ると滅入るよ」という謎の切り絵アニメーションのDVDが流されていました。(こういうの大好き)

そしてマスターも、ゆるくておもしろい人でした。

 

このお店には、メニューがありません。

「こんな感じで〜」と伝えると、マスターがおいしいごはんを作ってくれます。

 

わたしの場合、旦那様がすでにわたしが妊娠中ということを話していたので、何も言わずとも「飲み物はノンアルコールだよね?」と聞いてくれて、ベリーと微炭酸のノンアルコールカクテルを作ってくれました。

「着色料は使ってないからね」と。

 

マスターは二児の父で、ただいま奥様が3人目を妊娠中。

それもあって、妊婦さんが食べちゃいけないものとか、食べたらいいものとかちゃんと分かっていました。

 

なので、サラダは白身魚のサラダ。

メインはスパイスを控えた根菜たっぷりのキーマカレー

旦那様にには「もうちょっと刺激が欲しかったら使って」と別にスパイスを出す気遣い。

何より感激したのが、デザートに「これは葉酸が摂れるから」と小さな赤い実のドライフルーツが散らされていたこと。

 

妊娠してからというもの、「これは食べちゃダメ」「これは控えて」といった「引き算」で食事をしていたので、「妊婦さんにぴったりのドリンク作るね」「これ食べるといいよ」といった「足し算」のごはんを作ってもらえたことがうれしくって。

「わたし、ここのごはんなら朝まで食べ続けられる〜」と言って、旦那様をあきれさせたりしました。

 

マスターとも色々お話しして、わたしのおなかの形から、「もしかしたら男女の双子かもしれないけど、ぼくの経験上女の子二人」と赤ちゃんたちの性別を予言してもらい、旦那様は「女の子二人…きっと大きくなったら俺は仲間外れにされるんだ…」とぼやいていました。

 

妊婦さんだから、の、足し算のごはん。足し算の心遣い。

うれしいものだな〜と思いました。

わたしも周りの人に、足し算の心遣いをさらっとできるようになりたいです。