読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私事ですが。

コウノトリさん、こっちです! 

Day 19 次のことも考える

昨日、大雨の中サポートのHCG注射をしてきました。

台風だから待ってる人少ないかなぁと思っていましたが、全然そんなことなかったです。

やはりみなさん、通院への意気込みが違う。

 

もうなるようにしかならない期に入ったので、次周期のことを考えているのですが、気になることもいくつか。

 

わたしの通っている病院は、いわゆる「レスキューISCI」はやっていません。

体外受精をやってみてダメだったら、それで終わりです。

なので、採卵の時点で体外受精か、顕微授精か決めておかないといけません。

それならばより確実な顕微で、といきたいところですが、顕微だと+5万円です。

たかが5万。されど5万。

でも、わたしたちの状態だと、腹くくって顕微のほうがいい気がします。

 

それから、新鮮胚移植にするか、凍結胚移植にするか。

わたしの通っている病院は、基本的に最初、新鮮胚移植をします。

希望によっては最初から凍結胚移植も可能だそうです。

凍結胚移植のほうが妊娠率高いとはいいますが、先生によると「解凍時に壊れる可能性もあるし、それだったら最初に1回やっといたほうがいいのでは」とのことでした。

うーんでも、データは凍結胚移植のほうが上だし、子宮内膜の様子も心配だし…

ちょっとまだ、決め手に欠けます。

 

あとは、この病院は初期胚移植なんですよね。

凍結も、初期胚でされます。

胚盤胞移植という選択肢はありません。

これはどちらもメリット・デメリットあるので、先生でも決めかねるもののようですが、胚盤胞移植のほうが妊娠率高いと聞くと、やっぱり初期胚移植で大丈夫かな、と思ってしまいます。

 

体外・顕微授精は金額もかなり大きくなるので、本当に悩めます。

こんなに悩んで何十万もかけても、必ずできるとは限らないんですよね。

宗教かギャンブルかって感じです。

 

それにしても、「来月不妊治療で、急に休みをもらうことになりそうです」と職場の責任者さんに伝えたら、あっさりと「いいよ!そのときは病欠ってことにするね」と言ってくださったのは、大変ありがたい。

理解ある職場でよかった。

 

来月、「こんなに悩んでたの無用だったぜ!」ってなってたらいいな。